スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裁定事件が最多に=09年度公害紛争処理白書(時事通信)

 政府は11日の閣議で、公害等調整委員会の2009年度年次報告(公害紛争処理白書)を決定した。同年度に扱った公害紛争事件は42件で、このうち新規受け付けは、前年度の倍の24件。同委が損害賠償責任の有無や被害と公害の因果関係などについて法的判断を下す「裁定事件」の受け付けは23件で、1972年の制度導入以来最多だった。
 また、全国の自治体に08年度中に寄せられた公害苦情件数は前年度比6.0%減の8万6236件で、2年連続で減少した。 

【関連ニュース】
途上国の水不足に日本技術を=10年版環境白書
アジア企業に学べ=09年度ものづくり白書
社会全体で育児支援を=子ども手当の重要性強調-10年版白書
回転ずしで魚離れ阻止=国産ネタで自給率向上
大都市戦略の策定を=09年度首都圏白書案

「メンフィス」が4冠=D・ワシントンは主演男優賞―米トニー賞(時事通信)
首相の所信表明演説、11日を提案…与党(読売新聞)
南アW杯 いざ初戦!日本サポーターも集結(毎日新聞)
小林議員の資金管理統括に有罪判決…北教組事件(読売新聞)
強風で野球用ネット倒れ、小4頭打ち死亡(読売新聞)
スポンサーサイト

面接は受験生の地元…山形大、試験官が全国へ(読売新聞)

 山形大工学部は1日、2011年度入試から、試験官が全国各地の受験生の在籍高校などを訪ねて面接試験を行う「居住地訪問型AO入試」を国公立大で初めて実施すると発表した。

 同学部は「経済的な事情で受験をあきらめてしまう若者に機会を与え、優秀な人材を発掘したい。北海道でも沖縄でも出かけていく」としている。

 試験を行うのは、同学部のシステム創成工学科で、定員50人のうち、現役受験生を対象に5人を募集する。調査書と志望理由書、自己PR書で1次選考の合否を決めた後、大学教授ら試験官が、受験生の住む地域まで出向いて口頭試問を含む2次選考の面接を行い、最終的な合否を判定する。

 10年度一般入試での同学科の実質倍率は6・1倍だった。

 出願期間は8月2~11日。1次書類選考は8月30日に合格発表。2次面接は9月1日~10月8日で、10月28日に最終合格者を発表する。

 問い合わせは山形大工学部入試担当(0238・26・3013)へ。

署名抜き「首相発言」で調整=対処方針、28日に決定へ―社民となお溝・普天間移設(時事通信)
長崎漁船、沈没原因 「減速不足、波の頂上で不安定に」(産経新聞)
<偽装献金事件>政治資金報告書、鳩山首相が訂正(毎日新聞)
共同声明に社民混乱「何が地球を守る政治だ」 福島氏、署名拒否明言は「まったく変わらない」(産経新聞)
福島社民党首「連立離脱極めて残念」会見要旨(読売新聞)
プロフィール

ミセスとしこ

Author:ミセスとしこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。