スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石原知事、首相をバッサリ「聡明、決断力のある政治家とは思えない」(産経新聞)

【石原知事会見詳報(2)】

 --先日、鳩山首相が「私は愚かな首相である」と進退に絡んだ発言をしたが、政治家が公の場で語る言葉の重さについてどう思うか

 「いやまあね、みんながもうこのごろうんざりしている話だからね。繰り返して別にあの人をね、非難しても糾弾してもせん無いことだという感じがしますけどね。やっぱりその日本語では愚かと訳したそうだけど『ルーピー』という言葉、くどくどくどくど同じこと言っているというそういうニュアンスの形容詞でしょ。それをね、新聞の解説などは愚直という形ですり替えたと言ってる節もあるけれども、しかしあんまり何て言うのかな、聡明(そうめい)、決断力のある政治家とは思えませんですな。残念ながら。やっぱり非常にその政権持ってる民主党も混乱してるし、政局そのものも混乱している」

 「やっぱりですね、僕、非常に気にしているのが、あの人ね、何であんなに訳の分からない敬語使うのかね。あれ日本語としては間違ってますよ。そりゃね、そういうこと一つ持ってきても、あの人のある意味では弱い性格が出てるんだろうな。それはね決していい印象を与えない。強い印象を与えない。頼りがいのある印象というものを疎外してる。そういう点はですね、国民としても相手が総理大臣だけに残念ですな」

 --高速道路料金と合わせて、外環道の予算も今後の国会審議で不透明な部分も残しているが。、こうしたゴタゴタ続きの状況についてどう考えるか

 「極めて不愉快、不安ですな。東京のためにね、好ましく状況だと思いますね。日本の中で一番有効なインフラ整備は外環道ですよ。どう考えたって」

 --今回もそうだが、小沢裁定というか、一度決まったものがまたひっくり返され、それに付随して地方自治体も困るという現象が続いているが

 「どの政党でもどんな小さな政調、政策調査会っていうのがあるんですよ。あれだけの主権を持った政党がですな、政権獲った政党が政策調査会がないというのはとってもおかしな話でね。つまり党の中で十分な議論が行われ得ない構造になっているから、今度のような問題が出てくるんじゃないですか」

 --活字離れ対策について。東京都の職員が1カ月に1冊も本を読まなかった人が12%いたがその対策は

 「それは難しいね。新聞だってそのうち被害者の一人になるかもしれないから考えた方がいいんじゃないか。私に名案がある訳じゃないしね。何かあれだね。本を読めない職員になぜ読まないのかといったら、忙しい過ぎるといったそうだよ。それ聞いたある局長が怒ってましたよ。そんなにおまえたち働いているのかっていったてね。いずれにしてもですな、情報を伝えるほかのメディアっていうものが、非常に敷衍(ふえん)されてきたから」

 「しかしインターネットなどね、昔なかったメディアってものの情報ってのはやっぱり、活字でね、提供されるわけですから。活字離れっていうのは、本離れということはあるのでしょけどもですね、人間が活字が読まなくなったということはあり得ないし、また言語がある限り、それをね具現化する言葉っていうのがあるわけで、字があるわけですからね。私はやっぱりですね、あれですね。人間が活字が完全に絶縁することはないと思うけども、やっぱり一種、今の過渡期の現象じゃないかという気がしますけどね。僕なんかやっぱり、いい本あたって読み直してみたりね、昔読んで読み直してみると、何だこんな本だったのかと思ったり、改めていいなと思ったりすることがありますがね」

 「しかし源氏物語を原文で読む人というのは果たしてどれくらいいるのかね。谷崎(潤一郎)源氏、与謝野(晶子)源氏いろいろありますからね。それと(瀬戸内)寂聴さん訳してみたり。まあそういう形でね、活字のメッセージがパラグレイされて、安易に現代化されていることも便利になった一つだと思うけど、それだって私は読書だと思いますよ。ただやっぱりね、テレビも新聞もなかったころのね、バルザックとかね、ドフトエフスキーとかね、デューマとかね。ああいったね、古典的な作家、今読んでみるととても退屈で読み切れないね。ていうのは、新聞が伝えるような情報をね、小説が伝えた、あのころね」

 「ですからね、行ったことのないね、サンクトペテルブルグとかパリとかね、あるいはローマの風景はこういうものなのかなていうことね、みんな活字をもって摂取したから、ああいう小説もなり得たけど、今とてもじゃないけども、やっぱりああいう小説退屈で読めないでしょ。それからまたこの間必要があってね、ニーチェ読み直してみたけども、やっぱり昔はとにかくあれで何とか耐えて読んだけど、今はとてもじゃないが、ああいう翻訳というか、あのボリュームはアダプトされないと難しいなと思っていたら、ニーチェの簡訳本みたいなのが出ててね。今それが非常にベストセラーになっているけども。私も一回それ買って読んでみたいと思ってますけども」

【関連記事】
「福島氏の特定ではない」 石原知事、与党幹部をめぐる子孫の帰化発言で
鳩山首相のすり替えに違和感 「愚か」と「愚直」
首相メルトダウン寸前? 自虐コメント「私は愚か」
鳩山首相 徳之島断念し現行案軸に
鳩山首相、自ら「愚かな首相かも」発言 政府高官も困惑の表情

<モンドセレクション>バッケンモーツアルトのチーズオムレット、最高金賞(毎日新聞)
被爆マリア像 欧米の巡回展示へ…長崎を出発(毎日新聞)
日本ユニシス、企業向け教育プラットフォームサービスに英語表示やお知らせ機能を追加
都職員の活字離れ深刻 1割が「本読まない」(産経新聞)
「最も親しみ感じる」日本はヨナ、韓国は真央(読売新聞)
スポンサーサイト

<首長新党>18日旗揚げ 杉並区長が代表に(毎日新聞)

 山田宏・東京都杉並区長や中田宏・前横浜市長ら現職や元職の首長らが中心となる「首長新党」が、18日に旗揚げすることが分かった。山田、中田両氏らが同日、都内で記者会見を開き、正式表明する。代表には山田氏が就く見通しで、20人以上の現職首長が応援団を結成して支援する。

 首長新党は山田氏らが昨年10月に結成した政治団体「よい国つくろう!日本志民会議」が母体になる。会見には山田、中田両氏のほか、斎藤弘・前山形県知事らが出席。党名は会見で発表する。国会議員は参加せず、今夏の参院選に10人以上の候補者を擁立する。

 山田、中田、斎藤の3氏は今月10日発売の月刊誌・文芸春秋への寄稿で「コスト意識のまったくない民主党の政治を傍観するわけにはいかない」と新党結成の意向を明らかにしていた。すでに杉並区議らが新党への参加を表明したほか、熊本県人吉市の田中信孝市長も参加の意向を示している。【笈田直樹】

【関連ニュース】
<首長新党>新党:山田・杉並区長、中田・前横浜市長らが月内結成へ
<首長新党>日本志民会議:首長ら、参院選前の新党結成へ意欲訴え /東京
<首長新党>中村・松山市長:新党参加、参院選出馬を否定 中田氏ら結成で /愛媛
<首長新党>参院選’10山形:首長新党、斎藤前知事が参加へ 民主党政権への憤り強調 /山形
<一足先に発足>新党:「たちあがれ日本」旗揚げ 保守結集ならず 幻だった「石原新党」

石原知事の提訴検討=「帰化」発言めぐり-社民・福島党首(時事通信)
「シカ捕りに行った」と供述=女も容疑認める-奈良県警(時事通信)
参院選「最後のご奉公」=地元で両親しのぶ会-小沢民主幹事長(時事通信)
「丸投げ」廃止で200億円削減=経産省が独自仕分け(時事通信)
オキアミ、素干しでいかが=魚の餌じゃもったいない(時事通信)

コンビニ強盗未遂容疑で再逮捕=41歳米国人男-警視庁(時事通信)

 コンビニで現金を奪おうとしたとして、警視庁中央署は19日、強盗未遂容疑で、東京都中央区湊、米国籍で無職のロバート・ブルース・マッキース容疑者(41)を再逮捕した。同署によると、「自分で使う金が欲しかった」と容疑を認めている。
 逮捕容疑は昨年10月7日午後4時ごろ、中央区八丁堀のコンビニ「ローソン八丁堀4丁目店」で、41歳だった男性店長に背後から刃物のようなものを突き付けて「アイ・ウォント・マネー」と脅し、現金を奪おうとした疑い。
 同署によると、店長が英語で「防犯カメラに顔が写っている」と伝えたところ、何も取らずに逃走した。店長にけがはなかった。
 同容疑者は先月27日に同区新川のコンビニで約14万円を奪ったとして逮捕され、起訴されていた。 

【関連ニュース】
78歳女性、自宅で殺害か=強盗殺人で捜査本部
強盗致傷容疑で19歳逮捕=金券店主殴り32万円
新たに頭部発見=胴体は女性会社員と確認
「強盗」演じ、復縁図る=私立大生の男2人逮捕
駅ビル無差別殺傷、懲役30年=無期を減刑

田辺三菱を業務停止…子会社の新薬データ改ざんで(読売新聞)
白昼に発砲、暴力団抗争か…福岡・大牟田市(読売新聞)
新党ラッシュ 各党の胸の内は… 自民危機感 民主前向き(産経新聞)
雑記帳 静岡県立大の大学院生、伊東温泉で芸者デビュー(毎日新聞)
【イタすぎるセレブ達】 レオナルド・ディカプリオ ルックスよりも演技力だ! イケメン俳優はつらいよ。

「概算要求で個別提言できれば望ましい」―民主・介護議連会長(医療介護CBニュース)

 「民主党介護を考える議員連盟」会長の石毛●子衆院議員は4月19日に開いた勉強会終了後、記者団に対し、「(来年度予算の)概算要求の時期に(議連としての)個別政策の提言ができれば望ましい」との考えを示した。

 また、議連による中長期的な取り組みとして、「来年の通常国会の介護保険法見直しに向けて議論を進めたい」と述べた。ただ、法改正までのスケジュールがタイトなため、「大幅な制度改正は難しい」(石毛氏)という。

 この日の勉強会では、市民団体や患者団体からヒアリングを行った。「市民福祉情報オフィス・ハスカップ」主宰の小竹雅子氏は、介護保険制度への信頼を回復するため、▽行政が募集するパブリックコメントや公聴会を活用する▽社会保障審議会介護給付費分科会のメンバーに被保険者や利用者、介護従事者などの代表者を加えるなど、審議会の在り方を検討する▽高齢者が理解できるよう、制度を簡素化する―ことなどを提案した。

 また、NPO法人「介護者サポートネットワークセンター・アラジン」の牧野史子理事長は、利用者の要介護度が重度化したり、介護が長期化したりして介護者の身体的、精神的、経済的な負担が増大している現状を指摘し、介護者を直接支援する仕組みの必要性を訴えた。

●は金へんに英


【関連記事】
労組3団体からヒアリング―民主・介護議連
マニフェストへの反映は「時間的に不可能」―介護議連の藤田氏
「地域ソーシャル法が必要」―民主・介護議連会長
議員の出席率10%程度―空席ばかりが目立つ民主・介護議連
民主の介護議連が設立総会

中国艦隊通過、問題視せず=平野官房長官(時事通信)
密約開示判決 「歴史に残る」 西山さん改めて講演で強調(毎日新聞)
自民、参院選比例代表に中野前衆院議員を公認(産経新聞)
金賢姫元工作員 来月日本招請へ 中井担当相、韓国側と詰めの協議(産経新聞)
馬毛島に米軍訓練移転=沖縄負担軽減へ政府検討(時事通信)

<インフル>初の純国産治療薬、「タミフル耐性」に効果(毎日新聞)

 国が承認審査を進めている初の純国産インフルエンザ治療薬「CS-8958」(一般名・ラニナミビル)がタミフル耐性ウイルスに効果があることを、けいゆう病院(横浜市)の菅谷憲夫・小児科部長らが確かめた。米国微生物学会誌(電子版)に掲載された。

 菅谷部長らは08~09年、患者184人を分けてラニナミビルとタミフルを投与。同シーズンはAソ連型(H1N1型)でタミフル耐性ウイルスが流行し、試験した患者でも約95%が感染した。すると、ラニナミビルを投与した患者はタミフルを投与した患者より平均60時間以上早く回復した。一方、タミフル耐性でなかったA香港型(H3N2型)やB型に感染した患者の治療効果に差はなかった。

 ラニナミビルはリレンザと同じ吸引式で1回の服用で済む。これまでの試験でA型、B型の季節性ウイルス、さらに新型(H1N1型)、強毒性鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)に対する効果も確認されている。

 菅谷部長は「来シーズンまでにはラニナミビルが承認され、新型のウイルスがタミフル耐性になっても効果が期待できる」と話している。【関東晋慈】

【関連ニュース】
◇特集◇新型インフルエンザ
◇新型インフルエンザ◇ワクチン輸入、257億円分解約
◇新型インフルエンザ◇期限切れワクチン 234万回分廃棄へ
◇新型インフルエンザ◇水際対策の効果「限定的」 国際チーム解析
パンデミックに挑む:布施晃さん=国立感染症研究所広報委員

<桜自慢>1位は青森、2位奈良、3位京都…気象会社調査(毎日新聞)
病腎移植3例目始まる(産経新聞)
3日で2度、窓にひび=国交省所有のボンバル機-ヒーター故障で過電流? (時事通信)
参加目標は10万人規模=25日の普天間県内移設反対集会-沖縄(時事通信)
外国人参政権付与 知事会で反対続出(産経新聞)

<民主>2次公認・推薦候補を発表(毎日新聞)

 民主党が2日に公表した2次公認・推薦候補は次の通り。(敬称略)

 <選挙区>新人=梅津庸成(元防衛省職員、山形)▽岡部光規(医師、福島)▽長塚智広(プロ競輪選手、茨城)▽相本芳彦(フリーアナウンサー、富山)▽高島陽子(長野県議、長野)▽中本奈緒子(会社員、静岡)▽安井美沙子(シンクタンク研究員、愛知)▽河上満栄(衆院議員、京都)

 <比例代表>現職=下田敦子

 <推薦>新人=岡内須美子(前高松市副市長、香川)

<総務省>NTT東日本に行政指導 電柱の管理徹底で(毎日新聞)
千葉県夷隅・安房に大雨・洪水警報を発令(読売新聞)
小学教科書検定 年越し派遣村、裁判員…最新の話題に言及(産経新聞)
クラゲ水族館「すばらしい」=ノーベル賞下村さんが訪問-山形(時事通信)
アフガニスタン 不明の常岡さん グルジア取材でも拘束(毎日新聞)

北海道の市立病院 首都圏の医師を北の大地へ勧誘(産経新聞)

 東京のお医者さん、環境の良い北海道で働きませんか-。慢性的な医師不足に悩む北海道赤平市の市立赤平総合病院が、東京など首都圏の医師のリクルートに躍起だ。病院視察や近隣の観光地に無料で招待するツアーを通年で実施しているほか、新築の医師住宅を整備。また、病院の魅力を紹介する医師向けDVDもつくり、必死に“ラブコール”を送り続けている。

                   ◇

 「ラベンダー畑で有名な富良野市も近く、休日にはスキー、ゴルフも楽しめますよ」

 3月中旬、赤平市立赤平総合病院の医師確保対策担当参事の東元紀さん(50)が上京し、都内の医師向け就職支援会社4社を回って、同病院で働く魅力をPRした。

 赤平総合病院は一般病床120床、療養病床60床あり、市内で唯一の救急機能を備えた中核病院だが、医師不足は深刻。一番困っているのは、足腰が悪くなる高齢者を診察する整形外科医が1人もいないことだ。

 北海道中央部にある赤平市は、かつては炭鉱で栄えたが、閉山の影響などで人口が流出し、現在の人口は約1万3千人。住民の高齢化も著しく約4割は65歳以上の高齢者となっている。病院側は苦肉の策として大阪市の整形外科医に週3回、飛行機で診察に通ってもらっているが、その任期も来年1月には切れる。

 地方の病院が医師不足に陥った原因のひとつに、平成16年度に厚生労働省が始めた臨床研修制度がある。

 この制度は、国家試験に合格した医学部卒業生の研修先を、出身大学病院以外にも大幅に拡大するもの。研修医が激減した大学病院側は一斉に地方の病院などに派遣していた医師を引き上げたため、地方病院に残った医師は過重労働になり退職者が相次いだ。

 赤平総合病院も同様の事態に陥った。15年に18人いた常勤医は、今年3月現在で8人まで減少。医師不足のため患者の受け入れを制限せざるを得なくなり、麻酔科などの診療科を閉鎖している。

 募集しているのは整形外科医のほか、内科医、小児科医。東さんは「これまで4人が視察に来て、2人の医師が定着した。地域医療をめざす医師に限らず、田舎暮らしを希望する医師がいれば、いつでも連絡を」と話している。問い合わせはTEL0125・32・3211。

水俣病訴訟和解も… 全面解決なお遠く(産経新聞)
食料自給率、20年度に50%=食品安全庁設置へ-農業基本計画(時事通信)
日銀審議委員ら 参院で人事同意(産経新聞)
<強姦>時効寸前、男を起訴 水戸地検(毎日新聞)
民主の介護議連が設立総会(医療介護CBニュース)
プロフィール

ミセスとしこ

Author:ミセスとしこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。